WordPressを自分のパソコン(ローカル)で動かす方法 MacでMAMPの場合

Macbook Airを購入しました!

で書いた通りMac環境も手に入れましたので、MacでもWordPressを動かせる用に設定したいと思います。
まずは次の必要なモノをダウンロードしに行きます。

mamp

MAMPはアイコンがグレーで無料の方をダウンロードします。

 

wordpressダウンロード画面

WordPressは青いボタンから。それぞれダウンロードがおわったらインストールしていきます。

それではMAMPのインストールから行います。
Finderでダウンロード覗いてみるとこんなファイルがあると思いますので開きます。

日本語で説明されるので安心です。

mampインストール画面

mampインストール完了

指示通り進めて無事インストール完了。
MAMP PROも試用版が同時にインストールされていますので、必要でない方はアンインストールしてください。私は速攻で消しました。

MAMPを起動し「サーバを起動」のボタンを押してMAMPの準備完了。

mamp起動

mamp準備完了

続いてWordPressの記事などのデータを保存するための場所(データベース)を作成します。

データベースの準備

「phpMyAdmin」の「データベース」をクリックします。
好きなデータベース名を入力します。このデータベース名は後ほど利用しますので、コピーしてテキストエディタにでも貼り付けておきましょう。
ちなみに私はwp_localとしました。照合順序はutf8_general_ci とします。OKなら作成ボタンを押します。
これでMAMPの設定は終了です。

次にWordPressをインストールしていきます。
「/Applications/MAMP/htdocs」のフォルダの中に、WordPressの全ファイルをコピーします。

ローカルフォルダにwordpressをコピー

次にブラウザを起動し、URL欄に「localhost:8888」と入力して移動すると次のような画面が出ますので、「設定ファイルを作成する」を押します。

ローカルフォルダにアクセス

画面に沿って入力します。データベース名は、先ほどコピーしておいたものをペーストしてください。

wordpressのインストール

ユーザー名、パスワードはともに「root」、データベースのホスト名は「localhost」と入力します。テーブル接頭語は触らずにそのままでOKです。送信ボタンを押します。

ようこそ画面がひらきます。

wordpressようこそ画面

ここでサイトのタイトル名、WordPressのログインユーザー名、パスワード、メールアドレスを入力します。プライバシーの「検索エンジンによる〜」はWordPressのテスト環境には不要ですのでチェックを外しておきます。OKならWordPressをインストールを押します。

wordpressインストール成功

この画面がでたらインストール完了です。ログインボタンを押したらログイン画面へと進めます。

wordpressログイン画面

さっそくログインしてみます。

wordpressダッシュボード

ログイン成功!これでローカルでWordPressを開くことができるようになりました。

ログイン画面はブックマークにでもいれておくと便利かもしれません。
ではでは、よいWordPressタイムを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。