Dreamweaverでローカル(XAMPP)のWordPressを編集するには

WordPress(以下WP)をちょろちょろと触り始めまして、初心者向け書籍も購入してみました。
私が購入した書籍では、phpやCSSの編集にテキストエディタを使用しています。
しかしせっかく持っているんだからDreamweaver(以下DW)使いたい! 初心者からの脱却!?

ってことでDWでローカル上のWPを編集できるよう設定してみました。私自身が忘れないようにメモの意も含めて。
(今回のメモはXAMPP とWPが既にインストールされている状態での説明です。)

まずおなじみのサイト定義から。

サイト名は任意で。ローカルサイトフォルダーはWPをインストールしているディレクトリを選択します。定義がおわったらindex.phpをDWで開いてみます。(先にXAMPPを起動しておかないと、DWでローカルのWPは編集できません。)

すると赤枠で囲んだところにこんなメッセージが表示されます。
WPで使用するphpはサーバーサイドプログラムと呼ばれるらしく、サーバー環境(ローカルの場合XAMPP)がないと動きません。このサーバー環境をサイト定義と同様に定義してあげると動くようになります。

サイトの管理から定義したサイトを編集します。

赤い枠の中にある+ボタンを押すと、新規サーバーの設定ができます。

サーバー名:任意
使用する接続:ローカルネットワーク
サーバーフォルダー:ローカルサーバーのWPをインストールしたディレクトリ
Web URL:http://localhost/[WPをインストールしたディレクトリ]

それぞれ以上のように設定します。

次に赤い枠で囲まれたようにチェックし、保存を押して完了。
もう一度index.phpを見てみます。

こんなメッセージがでてきますので、検索をクリックします。

上記のダイアログが表示されたら「はい」をクリックします。

上記の赤い枠内のメッセージが表示されますので、ライブビューに切り替えると完了!

WPの編集はデザインビューではなくライブビューを使用するみたいです。
コードの変更、保存、プレビューを癖付けるようにしないとですね。

よーし、これでやっと心置きなく参考書すすめられるぞー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。